ミニマリストになってよかったこと7選

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
もくじ

ミニマリストになってよかったこと

こんにちは

ミニマリストMotoです。

必要最小限のモノだけで暮らす人たち、通称;ミニマリスト。

「憧れる気持ちはあっても、実際にどんなメリットがあるの?

と思う方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は「ミニマリストになってよかったこと」に焦点をあて話していきたいと思います。

先に結論から申しますと、ミニマリストになってよかったです。

むしろミニマリストになる前には戻りたくありません(笑)。

 

自分にとって大切なことがわかる

モノを手放していく過程で、自分にとって何が大切かが、わかるようになります。

そして、自分にとっては、不要なコトに割かれル時間もなくなり、大切なコトに集中・継続して行えるようになります。

管理がラクになる

モノを減らして必要最小限に絞ったことで、モノの管理がラクになります。

何がどこにいくつあるかなど、把握することが容易になり、同じモノを重複して購入することもなくなります。

 

掃除が簡単に

何もない部屋なら、埃が溜まることもなくなりますし、害虫が寄りつかなくなるという恩恵もあります。

以前は、掃除が苦手の家事の筆頭でしたが、今では一番好きな家事にまでなっています。

掃除をする前段階が多すぎたから、掃除が嫌いだったんだと思います。

何もない部屋なので、モノをどかす手間もないので、掃除機をかけるだけです。

掃除時間は1回あたり2分もかかりません。

 

お金持ちに見える

不要なモノは持たず、必要最小限のモノしか所有しないので、1つ1つのモノに使える金額が増えます。

その結果、お金持ちと勘違いされることもあります。

そして持ち物自体が少ないからこそ、一つ一つが強調されます。

実際、私も「お金持ちなんですね!」と職場の上司や同僚に言われることが多いです。

節約できる

必要なモノしか持たないので、壊れたりしない限り、買い替えたりはしません。

買い物をする機会が極端に減るので、無駄な出費も避けることが可能になり、節約に繋がります。

貯金がしやすくなる

ミニマリストになる過程で、取捨選択が行えるようになります。

よって、節約をする習慣が身に付き、その結果として、貯金額も並行して増えていきます。

貯金を理由にミニマリストになっている方も多くいらっしゃいます。

私はミニマリストになったことで、毎月10万円以上の貯金ができるようになり、年間で120万円以上の貯金に成功しています。

「貯金をする一番の方法は、ミニマリストになることです‼︎」

 

環境の変化に対応しやすい

長く勤めていると職場によっては、転勤があることもありますよね。同じ県内ならいいですが、地方だったり、海外だったりすると、引越しが必要ですよね。

あるいは転職だったり、親の介護だったりもそうですよね。

そういった環境の変化にも慌てることなく、対応することができます。

極端ですが、鞄1つで暮らせる方なら、引越し費用を浮かせることが可能です。

人の目を気にしなくなる

見栄とかステータスに気になることがなくなり、自分にとって、必要なのか否かを重視するようになります。

そもそもですが、人は大して他人の持ち物には興味がないので、自分目線で選んだ方が、結局はいいです。

他人目線で選んでいるモノに私は愛着を持ったことはありません。

まとめ

今回はミニマリストになってよかったことについて記事を書きました。

これ以外にもまだまだ発見できていないメリットが、たくさん隠れていると思います。

ミニマリストになると人生がイージーモードに突入します

新たなメリットがあったら随時更新していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ