一汁一菜をアレンジ!「白米とキムチ汁」

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

ミガルリストMotoです。

読者の方から「最近投稿していないですが、何かありましたか?」と心配のお言葉をいただきました。

先週は通信環境の不具合で投稿をすることができずにいました。ごめんなさい。

今日からまた、再開していきますので、よろしくお願いします。

最近、私のSNSを見てくださる方から、こんなコメントをよく頂きます。

「ブログで自炊メニューの作り方を載せてください」と

コメントをくださった方ありがとうございます。

これから定期的に私が日々、自炊しているメニューの作りを紹介していこうと思います。

では、早速今日紹介するメニューです。タイトルの通り「白米とキムチ汁」。

キムチチゲとの違いは、調味料を除いて材料がキムチしか使わないことです。

仕事終わりって疲れているし自炊する気力もほとんどないはずです。仕事終わってから作るものなので、なるべく簡単に作れる料理にしたいと思いませんか?

  • 手軽さ
  • 具材がなるべく少なくて作れる料理
  • 安く作れる(予算500円以下)

上記の3点のポイントをおさえて考えた結果、キムチ汁という答えに辿りつきました。

それでは早速材料とレシピを紹介していきます。

材料

  • キムチ(市販)200g程度
  • 味噌 大さじいくらい
  • 昆布汁 300ml

昆布汁は水出し容器に昆布20gと水1Lを入れて冷蔵庫で1日保管しといてください。

作り方

  1. 小鍋に昆布汁とキムチを入れて、10分程度煮込みます。
  2. 10分経過したら、味噌を溶かして完成です。

これだけです。簡単ですよね!市販のキムチを鍋に入れるだけですので、包丁やまな板なども使用しなくて済むので、洗い物も少なくて済みます。

物足りない!と思ったら、具材を加えていきましょう!私も始めた頃は、キムチだけで作っていましたが、飽きてきたので、以下の具材を加えながら作っています。

  • 帆立
  • ニラ
  • 白滝
  • もやし
  • 長ネギ

これらの具材を全部使ってしまうと予算500円を超えてしまうので、そこだけ注意してください。

最後に

調理器具や下準備をほとんどせずに作れる「キムチ汁」を紹介しました。ぶっちゃけ平日は次の日も仕事がある場合、丁寧に自炊をしている時間なんてほとんどないですよね。

煮込むだけの簡単な調理だからこそ、仕事終わりでも疲れている時でも、自炊ができるんです。

自炊を継続するコツは、

手軽なレシピを沢山覚えて、楽しみながら作ること」です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ