ミニマリストの家事術

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは

ミニマリストMotoです

生活していく上で「家事」は必要ですよね。

有り余るほどお金があれば、家政婦さんなどを雇えば良いですが、そんな人は滅多にいないので、大概の人は自分でやらなければなりません。

でも「家事」というワードを聞くと「面倒くさい」といううネガティブなワードも同時に連想させませんか?

なぜ家事を面倒だと感じるのでしょうか?

そこで、今回は「家事が面倒だと思う理由」「家事を楽しむコツ」の2つについて話していきたいと思います。

実際私はモノを減らしたことで、家事が好きになりました。今や1つの趣味です。

もくじ

家事が面倒だと思う理由

毎日する必要がある

一人暮らしの方、主婦の方なら、料理、掃除、洗濯これらのことを毎日しなければいけません。好きなことなら毎日できますが、そうでなければただのストレスです。

仕事のように対価として給与がもらえるわけではありませんので、モチベーションにも繋がりにくいですよね。

一人暮らしなら家事を簡易的に行えますが、家族がいるとそうもいきませんよね。子育て中の主婦はさらに大変です。

嫌なことを無理して行っている

嫌なことを無理やり行うとストレスが溜まり、やらなくなり面倒に感じたり億劫になりますよね。

家事より仕事が好きな女性もいますし、仕事より家事が好きな男性もいます。

もしあなたが結婚・同棲されているのなら、負担を減らせないかパートナーと一緒に話す必要があります。

モノが多すぎる、家が大きすぎる

モノが多いほど、管理にかなりの時間をとられます。また必要以上の大きな家に住まわれている方も同様です。

家事が好きであったとしても、目的の家事を行う前段階が多いとやる気を失います。

使っていないモノは捨てるか、売るかなど不要なモノは早めに対策を講じる必要があります。

家事を楽しむコツ

家事を楽しむコツとして以下の2つがあります

  1. 家電をフル活用する
  2. 家事をしなくてもいい環境をつくる

具体的に説明していきます。

家電をフル活用する

家電をフル活用していきましょう。

例えば

  • 掃除が面倒なら、ロボット掃除機にする
  • 洗濯が面倒なら、乾燥機付き洗濯機に買い換える
  • 洗い物が面倒なら、 食器洗い乾燥機を使用する

この様に家電にお任せしてしまえば、家事の負担を激減することができます。

初期費用や電気代以上のメリットを得ることができますよ。

家事をしなくてもいい環境をつくる

 

例えば、部屋に何も物がなければ、埃も溜まりませんので、毎日掃除をする必要もないわけです。

マットレス+寝袋をベットや布団代わりに使用すれば、シーツの洗いや布団を干す必要すらなくなります。

外食オンリーにすれば、調理器具や食器だって不要ですよね。

「どうしたら嫌な家事をしなくて済むか」を日々考えることで、不要な家事をしなく済むようになっていきます。

年に2回程度なら、ハウスクリーニングを頼んでやってもらっても大した金額になりません。むしろストレスから解放されて、ラクになるんではないでしょうか。

まとめ

自分が

  • 「不得意」「面倒」と感じる家事は家電を使って解消
  • 家事をしなくてもいい環境を日々考える

この2つを実践すれば、家事=面倒という図式が緩和されます。

誰しも得意不得意があります。私も好きな家事はとことん行いますが、苦手な家事はやらないようにしています。

短所を克服するより、長所をもっと伸ばすことに意識を向けてみましょう!

自分のできる範囲内で家事を行うことが、楽しむコツです!

本日も読んでいただきありがとうございました。

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ