節約を継続する方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

こんにちは

ミニマリストMotoです

貯金で挫折した経験は誰しもあるかと思います。

色んな貯金本やブログを見て実践して見たけど、貯金が続かない!」と思った方必見です。

今回は貯金の方法ではなく、貯金を継続する方法についてお話ししていきたいと思います。

貯金の目的

「なぜ貯金をするんですか?」

こんな風に質問されたらなんて答えますか?

直ぐに答えられる人は、貯金の目的がある人だと思います。逆に返答に困る人は、「貯金の目的」を決めていないの可能性が高い人です。

 世界一周旅行をしたいので、来年までに200万円貯める

 長男が18歳になるまでに大学の学費600万円を貯める

など、貯金の目的はそれぞれ違うかと思います。目的を達成までの期間などをしっかり決めている人は、貯金がしっかりとできている人です。逆に、目的を持っていない人は、中々貯金ができていない人が多い印象です。私の友人でも、「月の食費は〜万円以内に収めるようにする」と決めている人が長期的に貯金ができている人たちです。

目的がない・思いつかない人は「老後資産のため、2000万円貯金する」でもいいと思います。

「何となく」ではなく、「〇〇のために節約する」と定めることで継続して貯金を行えるようになります。

無計画に使っている

無計画にお金を使っていませんか?

予め予算を立てておかないと、お金を散財して貯金が出来なくなります。一歩外に出れば誘惑のオンパレードです。無計画だと誘惑に流された挙句、お金を失い後悔します。無計画から卒業して、予算を決めて予算内で収めるようにしましょう。

貯金の設定が高い

貯金を継続できない人が一年で100万円貯めるのは至難の業と言っていいでしょう(年収1000万円などの高所得者は別です)。最初から高い金額を行うのではなく、毎月1万円を貯金するなど低額で始めることをおすすめします。

私自身、最初から100万円貯金できたわけではありません。貯金を始めた当初は毎月3万円で、継続的に貯金ができるようになったら、金額を上げていました。最初から「給料の50%を貯金する」なんて高い設定をしていたら、挫折して散財に走ってしまいます。挫折するくらいなら、低額でも毎月貯金をしている方がいいです。

必ず継続して、行える金額を貯金しましょう

先取り貯金をしていますか?

先取り貯金をしていると貯金のハードルが下がります。口座を複数お持ちなら、予め給料から貯金口座に天引きされる設定にしておきましょう。そうすれば、貯金額以外の金額しか残らないのでそれらでやりくりすればいいだけの話です。簡単です。私は口座1つだけなので、生活費だけ下ろしてあとは一切手をつけずにしています。私は縛られるのは、身軽さに欠けるのでやりませんが、貯金を継続して行いたいのなら、定期預金もおすすめです。

 

まとめ

今回のまとめです

  1. 貯金の目的を明確にする
  2. 予算を決めて計画的に使う
  3. 少額ずつ貯める
  4. 天引きを上手に活用する

の4つです。一人暮らしなのか、実家暮らしなのか、持ち家なのか賃貸なのか、人によってそれぞれ環境が異なると思います。自分にの収入と生活スタイルに合わせてやりやすいように工夫して見てください。貯金は積立投資のように長期的に継続して行うことが大事です。ボーナス頼りの貯金はあまりお勧めしません。普段から貯金の習慣をつけていないと、いざという時に対応できない場合があります。貯金は苦行ではなく、人生をより豊にしてくれるスキルですので一緒に目標に向かってガナ張っていきましょう。

 

 

 

 

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ