「もう悩まない!!」Gが部屋からいなくなる方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

ミニマリストMoto(@MotoLife_1st)です。

どうせなら見たくない

誰しも家でGと一度は遭遇したことがあると思います(Gとはゴキブリのことです)。

単語を見るだけで不快になる方が多いと思いますので、ここからはGと表現します。

一人暮らし・実家暮らし問わずGに出くわしたら何かしらの対処が必要ですよね。

私はミニマリストに憧れて、物を徹底的に断捨離しました。

その結果かれこれ3年以上、家でGを見なくなりました!

理由はカンタン!Gが好む場所がないからです。そこで今回は「Gが部屋からいなくなる方法」について記事にしました。

Gが好む条件

Gが頻繁に現れたりする家には必ずと言っていいほど、Gにとって好都合な条件が揃っていることが多いです。

Gが好む条件を下記の表にまとめました

Gが好む場所

食べ物(食べかす)が多い
暖かい
薄暗い
逃げ隠れできる場所が沢山ある
電化製品が多い
埃やゴミが多い

これらの条件を全て満たしている家は、今後もGとの戦いが繰り広げられることでしょう。

死ぬまでGと戦うのは誰でもイヤですよね。

つまり無駄を省き掃除をこまめに行えば、Gは現れません。

私はミニマリストになってからGを家で目撃したことが一度もありません。

モノを捨てまくる

必要最小限のモノで暮らしているミニマリストの家にGは発生しにくいです!

むしろGにとってミニマリストの住まいは悪条件でしかないです。

理由は以下の通り

  • モノがほとんどないから逃げ隠れできる場所がない
  • 掃除をこまめにおこなっているため埃やゴミもない

ぶっちゃけ、ミニマリストになれば、Gだけでなく害虫と無縁の生活を送ることができます。

先ずはGがでない住まいづくりとして不要なモノを徹底的に捨てていきましょう。

毎日、掃除機を掛ける

Gを家に寄り付かせないために毎日こまめに掃除機を掛けることを習慣にしましょう。

掃除機を掛ければ、埃や食べカスなどを一掃できます。部屋が清潔になるだけでなく、Gの餌を同時に無くすことができ一石二鳥です。

害虫が出る家は掃除を怠っているからかもしれませんね。

特に、普段行き届いていないような箇所も毎日行うようにしましょう。

具体的には

  • 冷蔵庫や洗濯機などの家電類のスキマ及び周辺
  • お部屋の角
  • クローゼット内
  • デスクやタンスの裏側

などなど、埃が蓄積しやすく掃除がしにくいところから重点的に掃除していきましょう。

普段は気にしていませんが、いざ掃除してみると埃や細かいゴミの量に驚くと思います。

掃除は面倒、でもGのためと思えばモチベーションが上がってきませんか?

キッチン・浴室内・洗面台に何も置かない

Gは水一滴でも摂取すれば、数日間は生きれると言う脅威の生命力を持っています。

なのでGは餓死しなそうですね(少し羨ましさを感じます)

そう、つまりキッチンや浴室などに一滴でも水があればGが侵入してくる可能性があります。

「マジかよ!!」って思いますよね。

なので、キッチンや浴室、洗面台など水を使う場所にはモノを置かないようにする対策が必要です。

具体的には

  • 三角コーナー
  • 水切りかご
  • スポンジラック
  • 便座カバー
  • バスチェア
  • シャンプーラック

などはこの際、捨ててしましましょう。シャンプーなどは持ち手のあるバスグッズに入れて、入浴時に浴室に持っていき、入浴後はタオルなどで水気を拭き取り洗面台などに収納すれば対応できます。

また、キッチンや浴室、トイレにモノを置かないメリットは、水アカやカビが発生しなくなるので、清潔感を維持することができます。

まとめ

Gが好む場所をなくせば、自然と発生しません。

私の両親も「私の部屋を真似たらGがでなくなった!」と大喜びしてました。

最後なんで重要な部分をまとめておきます

  • Gが好む条件を把握する
  • 必要なモノを残して不要なモノは捨てる
  • 埃やゴミが蓄積しやすい箇所を中心に掃除を行う
  • 水回りにモノを置かない

もしかすると不要なモノを捨て、ミニマルに暮らすことが、害虫のいない快適な生活を送る近道かもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ