【不要】旅好きミニマリストがお土産を買わない理由

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

ミニマリストMoto(@MotoLife_1st)です。

旅行の帰りふと悩むのがお土産を買うか否か。

旅行に行ったら大抵の人が買っているであろうお土産ですが、私は一切買いません。

正直「お土産は買いたくないけど、付き合いで渋々買っている」って人が大半ではないでしょうか?

結論から先に申しますと、「お土産買わななくていい」です。むしろ買わない方が旅行がより充実します。

この記事では「旅行大好きな筆者がお土産を買わない理由」と「買わずに済むポイント」の2つを紹介していきます。

もくじ

お土産を買わない理由

私がお土産を買わない理由は主に5つです

荷物が増える
・美味いお土産は賞味期限が短い
・旅行中はリラックスしていたい
・相手にも負担を強いる
・費用が増える

荷物が増える

別の記事でも紹介している通り私は旅行をするとき、バックパックでいきます。スーツケースなどは嵩張るので、持ちません。

となると、バックパックに入る分だけの量しか買えなくなります。

私は、少しでも荷物は軽くしたいと思っているので、お土産を買うとなると必然的に重くなってしまうので、私は買わないようにしています。

美味しいお土産は賞味期限が短い

今まで職場の人から頂いたお土産で「美味しい」と思えるモノに巡り会ったことがありません。

そして何より、美味しいお土産は賞味期限が短い物が多い印象です。

旅行中はリラックスしていたい

旅行行く目的は人それぞれでしょうが、共通して言えるのが、

  • 日頃の疲れを癒したい
  • 非日常の時を味わいたい
  • リラックスしたい

といった、安らぎを求めて普段行けないような場所に時間と労力を掛けて行くわけですよね。

それなのに、お土産のことを考えるとどうしても、会社のことが脳内をよぎります。

私は、旅行中に会社のことを一時たりとも考えたくありません

お土産を選んでいる時間だって、大切な旅行中です。

プライベートと会社を完全に分けましょう。

お土産を選ぶ時間を観光したい場所ややりたいことに回しましょう。

迷惑だと思っている人もいる

お土産を買ってきてくれて嬉しい人ももちろんいますが、内心迷惑だと思っている人もいます。

  • お返しをしなければならない
  • 好みじゃない
  • 欲しくないけど断れない

お土産を買ってきてくれた方に「私、要らないです!」とキッパリ言える人っていないですよね。

仮に言えたとしても、その後の関係に支障をきたすかも知れません。

大体は笑顔で受け取ってくれますが、実際に嬉しいかどうかはわかりません。

よって、お土産を買わないということは相手に負担をかけないということにも繋がります。

費用が増える

職場の人数にもよりますが、人数が多ければ多いほど、費用も嵩んでいきます。

職場が〜10人程度までなら1000円前後と費用が安くて済みますが、それ以上だと金銭的負荷がバカになりません。

今までお土産に消費していたお金を旅先の食事やイベントなどに回した方が、よっぽど有意義です。

買わずに済むポイント

お土産を買わずに済むポイントは3つ

1:旅行に行くことを伝えない
2:SNSで職場の人をフォローしない

3:お土産を買わない理由を考える

です。詳しく紹介します。

職場の人に旅行へ行くこと伝えない

職場の人に旅行に行ったことを悟られなければいいだけです。

そこでおすすめなのが、有休取得申請の欄に「私用のため」の一言書くだけです。

仮に聞かれても、「」など当たり障りのない返事をすれば済みます。

SNSで職場の人をフォローしない

今やSNS時代と比喩されるくらい大体の人が何かしらのSNSを使用しています。

私はTwitterとInstagramを行っていますが、職場の人には教えていません。

会話中に旅行に行くことを悟られる場合もありますが、SNSでの投稿で知られてしまうこともあります。

もしその人が話したがりの人で、「〇〇さん旅行中みたいだよ」なんて職場の人に言いふらしていたら、、、

そんなことにならないためにも職場の人にはTwitterやInstagramは教えないのが吉ではないでしょうか。

お土産を買わない理由を考える

万が一、旅行に行くことが職場の人にバレてしい「お土産よろしくね!」と言われても適当な理由をつけて買えないとキッパリ断っておくことがおすすめです。

私は「善処いたします」と返事しています ⇦政治家か!

最後に

社交辞令や人付き合いのためと思って、お土産買ってこなくても、日頃からコミュニケーションをとっていれば、何も問題ありません。

会社とプライベートはしっかりと線引きしておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Follow me!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ